<< 開発者によるQ&Aコーナーも! 『エクス | main | 名作が汚名作が汚される! >>

スポンサーサイト

0
    • 2016.03.10 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    とあるCMについて

    0
      今週末からいよいよ本公開を迎える我らがチョン・ジヒョンちゃん主演の『ラスト・ブラッド』. しかしその前にこのブログで一つどうしても触れておかねばならんことがあります. それはアジエンスのCMについて. もちろん現在香椎由宇さんが出演しておられる版ではなく、一つ前のチョン・ジヒョンちゃん版について. 本来ならチョン・ジヒョンちゃん好きを豪語している私なので、チョン・ジヒョンちゃん版がTVでオンエアーされた頃から記事として取り上げるべきでした. でも取り上げたくなかった理由があったのです. それはチョン・ジヒョン版第2弾、車の上で待ち合わせた男性に会いに行くヴァージョンを見たときのショックがあまりにも大きかったからなのです. といっても「この馬の骨は誰や! 」ということでショックを受けたのではなく、「チョン・ジヒョンちゃん、お太りになられている! 」でショックを受けてしまったのです. そりゃもちろんチャン・ツィイー版が終了してチョン・ジヒョンちゃん版にCMが切り替わったときは驚きましたし、興奮もしました. でも同時に 『猟奇的な彼女』 の頃と比べても透明感がなくなってる? って少し不安を感じたのも本音でした. そして第2弾を見たときは、その変わってしまった体型に「この先チョン・ジヒョンちゃんが映画界からフェイドアウトしてしまうのではないか? 」というくらい、大いに危機感を感じましたよ. morsiosacda 正直あの時はチョン・ジヒョンちゃんファンを引退しようかと思いましたからね. でも 『猟奇的な彼女』 以降、彼女が出演作品に恵まれなかったり事務所との不幸なトラブルに巻き込まれたりなどの情報は逐一入手してましたから、やはりもう二度と実現しないであろうチョン・ジヒョンちゃんの 来阪をナマで 見届けた者としては、こういう時こそ応援しないとファンの名が廃る! ということで、今日を迎えております. ナイキ ジョーダンAdidas サッカースパイク CP3 6 ちなみに日本では 『僕の彼女を紹介します』 が大ヒットしましたが、あの映画に関しては韓国や先に 『猟奇的な彼女』 を見た方からは大不評でした. 確か韓国ではチョン・ジヒョンちゃんが「前作と変化なしすぎる」ということでその年のワースト女優候補に選ばれていましたからね. てな訳で個人的に今週からしばらくはチョン・ジヒョンちゃん祭りを開催させていただきますので、『ラスト・ブラッド』のレビューも多少甘口になるかも知れません. まぁその辺りはご愛嬌ということで. 深夜らじお@の映画館 はチョン・ジヒョンちゃんをこれからも応援します.

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.03.10 Thursday
        • -
        • 10:05
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする